近隣のオススメスポット

  • HOME
  • 近隣のオススメスポット

清水寺

清水寺

北法相宗の本山。
西国観音霊場三十三ヵ所第16番札所。
1778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。
現在の主な堂塔は、1633年(寛永10)徳川家光の再建。
清水の舞台で知られる本堂(国宝)は寄せ棟造り、檜皮葺、寝殿造り風の優美な建築で、十一面千手観音立像を安置。
舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔(重文)があり、他に仁王門、馬駐(うまとどめ)、鐘楼、西門(さいもん)、三重塔、経堂、田村堂、轟門、朝倉堂、釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院など重文指定の建造物が連ねる。

祇園新橋伝統的建造物群保存地区

祇園新橋伝統的建造物群保存地区

祇園は祇園社の門前町として発祥し、江戸時代になると芝居や人形浄瑠璃などの小屋が建ち並ぶようになった。
当地区一帯は、祇園内六町の茶屋町として開発され、江戸時代末期から明治時代初期にかけて芸能と深く結びついて発展してきた。今も質の高い洗練された茶屋様式の町家が整然と建ち並び、美しい流れの白川、石畳、桜並木などと一体となって伝統的な佇まいを見せている。

高瀬川

高瀬川

中京区木屋町通二条下ル付近から鴨川を分流し、鴨川と平行に南流、中京・下京・南区陶化橋付近で鴨川に注ぎ、東山区福稲から再び分水を経て伏見区へ貫流し宇治川に入る人工川。全長10km、幅7m。角倉了以が1611年開削。京都―伏見間の物資を輸送する舟運を盛んにした。森鴎外の『高瀬舟』の舞台。舟の荷物揚げおろしをする船溜(船入り)が9ヵ所あり川の起点の木屋町二条を「一之舩入」と言い、石碑がある。

八坂神社

八坂神社

祭神は素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神。明治維新まで祇園社または感神院と称した。創祀は、諸説あるが社伝では斉明天皇2年(656)と伝えられ、平安遷都がなされた延暦13(794)以前よりこの地に祀られていたとされる。また、貞観11年(869)疫病流行の際、当社の神にお祈りして始まったのが祇園祭である。平安時代には二十二社の一に数えられ、朝廷からも厚く崇敬された。一方、民衆の信仰も深く京都はもとより全国に広く崇敬されるようになった。現在ではこの神を祀る神社は三千余社に及ぶ。

その他近隣の宿

ご予約・お問い合わせ

ご予約はWEB予約サイトから受け付けております。
TEL 075-351-4563